日本の風景 うだつの町並み-脇町

日本の風景 雪原の中を走るSL

会津盆地の雪原を力強く走るSL- 磐越西線

貴婦人と称されるC57-180で運行する「SL ばんえつ物語」
map

有名な蒸気機関車D51 が運行されていたこともある磐越西線。変化に富む車窓から、会津若松駅-新津駅間には「森と水とロマンの鉄道」という愛称が付けられています。豊かな森と水に育まれた美しい自然に立ち上がるSLの煙が、雪景色の中にも暖かさを感じさせます。
臨時快速列車「SL ばんえつ物語」は、新津市立新津第一小学校に丁寧に保存されていた蒸気機関車C57-180 を修復したもので運行されています。鉄道ファンはもちろん、汽笛、駅弁、適度な勾配、橋梁、トンネル、流れる景色…と、魅力的な旅が続くことから、四季折々に多くの観光客を集めています。

白漆喰の野太いうだつが連なる町並み
煙がより力強く映える冬
寛政4(1792)年創業の藍商、吉田直兵衛の家
「SLばんえつ物語」車内風景

寛政4(1792)年創業の藍商、吉田直兵衛の家
雪原を走る蒸気機関車

iPhone/iPad、Android用デジタルカタログ

<専用ビューアが必要です>
スマートフォン、タブレットの方は、専用ビューアをダウンロードしてから閲覧ください。

PAGE TOP