ぼうだより2014年4月号


>> P.6

◦亜鉛めっき溶接ソリューション自動車部品への適用拡大が進む各種亜鉛めっき鋼板に対応した溶接材料およびプロセスを紹介します。特に、パルスMAG溶接において、優れた耐気孔性と耐ギャップ性を実現できる溶接材料MIX-1TS/SE-A1TS、低スパッタと耐気孔性の両立を果たした溶接プロセスJ-SOLUTIONTMZNとMIX-ZN等を紹介致します。(写真3)◦排気系溶接ソリューション混合ガス溶接用ソリッドワイヤMG-S430NBS、より高い耐食性を有する混合ガス溶接用フラックス入りワイヤMX-A430M、美しいビード外観と極低スパッタ溶接が可能な純アルゴンガス溶接用フラックス入りワイヤMM-430NB等の多彩な排気系溶接材料ラインナップを紹介します。(写真4)4.3鉄骨・橋梁コーナー◦建築鉄骨用溶接材料およびロボットシステム建築鉄骨分野で適用される各種溶接材料とロボットシステムの多彩なメニューを紹介致します。特に、前述の搭載鉄骨溶接ロボットシステムシリーズでは、今回、新たにメニューとして加わった柱大組立溶接システムやコア連結溶接システム等によってその適用範囲が拡大し、更なる高能率化とによる低スパッタ・高品質溶接が実現されています。◦鉄骨・橋梁用フラックス入りワイヤ鉄骨・橋梁の多層すみ肉溶接において、良好なスラグ密着性を有しており、かつビード重ね目の揃いが良好な光沢のあるビード外観が得られるフラックス入りワイヤMX-Z200MP等を紹介致します。従来ソリッドワイヤMM-430NB※溶接電流180A 19VMM-430NB×AR100%従来ソリッドワイヤ×AR98%+O22%写真4MM-430NBのスパッタ発生状況とビード外観写真3J-SOLUTIONTMZNによる耐気孔性向上と低スパッタ化従来法(207A-24.0V-100CM/MIN)(210A-26.5V-100CM/MIN)〈溶接後のRT結果〉〈溶接状況〉写真5搭載鉄骨溶接ロボットシステムにおけるスパッタ発生状況(BCP325□350×22MMT開先形状35°レ形GAP7MM)4パス目7パス目4パス目7パス目溶接後のノズル(約30分)溶接後のノズル(約30分)(A)通常の炭酸ガスアーク溶接(B)      国際ウェルディングショー出展のみどころ6


<< | < | > | >>