ぼうだより2013年10月号


>> P.4

レスキュー隊119番溶接赤カタ活用術1.はじめに皆さんは『神鋼溶接総合カタログ』(通称;赤カタ)をご存知ですか?おそらく殆どの方が一度は目にし、手に取ってご覧になったことがあると思います。但し、なかなか有効に活用されず、タンスの肥やし状態になっているのではないでしょうか?私たちでさえも、溶接材料選定の際、全銘柄が頭の中にインプットされているわけではないので、最終的には赤カタが頼りになっています。そのため必需品として常に携行しています。赤カタは、溶接材料の用途、使用特性、機械的性質等を紹介しております。また巻末には、とても便利なツールとし『参考資料』を沢山記載しております。今回は、この便利ツールの活用方法についてご紹介致します。近年、世の中ペーパーレスの時代。弊社もご多分に漏れず10年ほど前から、WEB上に赤カタを掲載するようになりました。今回、2013年度版赤カタのアドレスを記載致しますので、クリックして頂き、本文と照らし合わせてご覧下さい。HTTP://WWW.KOBELCO.CO.JP/WELDING/CATALOG/尚、実体の赤カタで本文と照らし合わせられる方は、お手持ちの赤カタの年度版によってページ数が異なりますが、どの赤カタも後部に『資料』の項目が記載されていますので照らし合わせてご覧下さい。2.便利ツール活用その1「LB-47の乾燥温度を教えて下さい」という質問を受けます。P.510~P.512に被覆アーク溶接棒、サブマージアーク溶接用フラックスの乾燥温度、時間を記載しています。それではP.510(注:ページ数は全て2013年度WEB版赤カタです)を開いて下さい。『溶接材料乾燥条件』が出てきます。品名からLB-47を探して頂きます。LB-47の適用鋼種は軟鋼、被覆系統は低水素系に属していることがお分かり頂けると思います。したがって乾燥温度300~350℃、乾燥時間30~60分ということになります。ちなみに、B-10などのイルミナイト系や、Z-44などのライムチタニヤ系の乾燥温度は70~100℃ということになります。乾燥温度、乾燥時間は必ず指定の範囲内で行って下さい。もし、イルミナイト系のB-10を350℃の温度で乾燥してしまうと、被覆材の有効成分が焼けてしまい、効力が発揮できなくなりますので注意して下さい。3.便利ツール活用その2「B-103.2Φは5KGの箱に溶接棒は何本入っていますか?」という質問を受けます。P.516~P.527に溶接棒全銘柄の単重を記載しております。ということでP.516を開いて下さい。『被覆棒単重表』が出てきます。B-103.2Φの1本当たりの単重は30Gです。したがって、5KGのパッケージの中には、約167本の溶接棒が入っていることが計算できます。溶接棒の径や長さも同時に記載してあります。また、P.528には、フラックス入りワイヤ、ソリッドワイヤ、ティグ材料の単重表も記載していますので参考にして下さい。4.便利ツール活用その3「S45Cの溶接について教えて下さい」という質問を受けます。S45Cを代表とする中高炭素鋼特殊鋼の溶接に関しては、詳細を過去に溶接110番や、溶接レスキュー隊119番の中でも幾度と無くご紹介しています。中高炭素鋼の溶接は、何と言っても『予熱』が一番のポイントになります。では、予熱温度は何度が適温でしょうか。そこで資料︵溶接材料乾燥条件︶溶接材料乾燥条件1.被覆棒鋼種被覆の系統品名温度時間軟鋼イルミナイト系B-10,B-14,B-17,BI-1470∼100℃30∼60分ライムチタニヤ系TB-24,TB-I24,TB-43,Z-4470∼100℃30∼60分高酸化チタン系RB-26,B-3370∼100℃30∼60分低水素系LB-26,LB-26V,LB-47,LB-52U,Z-6V300∼350℃30∼60分LB-47A350∼400℃60分鉄粉酸化鉄系Z-2770∼100℃30∼60分特殊系Z-43F70∼100℃30∼60分PB-3,SG-070∼100℃30∼60分耐硫酸腐食鋼耐海水鋼耐候性鋼イルミナイト系BA-4770∼100℃30∼60分ライムチタニヤ系TB-W52,TB-W52B70∼100℃30∼60分低水素系LB-W52,LB-A52,LB-O52,LB-50WT,LB-W52CL300∼350℃30∼60分LB-W52B350∼400℃60分高張力鋼ライムチタニヤ系LT-B5070∼100℃30∼60分低水素系LB-24,LB-52,LB-52T,LB-76,LT-B52A300∼350℃30∼60分LB-52A,LB-52V,LB-57,LB-62,LB-62L,LB-62U,LB-106,LB-116,LB-M52,LB-80EM350∼400℃60分LB-52UL,LB-62UL,LB-80UL,LB-88LT350∼430℃60分―510―資料︵被覆棒単重表︶被覆棒単重表ここで示す単重は計算値であり、製品とは多少異なる場合があります。品名サイズMM単重G/本径長B-102.63.24.04.55.06.03503504004004004501930566884136B-142.63.24.04.55.06.07.03504004504504504505502036627997144233B-172.63.24.04.55.06.07.08.0350350400450400400450450450550193157647185154209276337B-332.02.63.24.05.06.03003503504004004501020305582138BA-473.24.05.0350400400315586BI-143.24.04.55.06.0400450450450450550386884104177216BL-762.63.24.05.06.030035040045045017305495135―516―資料︵ワイヤ単重表︶ワイヤ単重表フラックス入りワイヤ長さ(M/10KG)ソリッドワイヤ長さ(M/10KG)ティグ材料の単重(G/M)ワイヤ径0.91.21.41.62.02.43.2炭素鋼用DWワイヤMXワイヤOWワイヤ---1,3501,290-990930-760710-490460-390-410--250ステンレス鋼用DWワイヤ2,5101,360-780---ワイヤ径(MM)0.60.80.91.01.21.41.62.0炭素鋼用4,5402,5502,0201,6301,130830640410ステンレス鋼-2,4001,9401,6001,100-620400ワイヤ径(MM)1.62.02.4炭素鋼用15.724.535.3ステンレス鋼用16.125.236.3―528―2013年度版表紙P.510P.516P.5284


<< | < | > | >>